写メ日記の書き方講座

風俗には女の子自身がお客様を引き寄せるために重要なツール、『写メ日記』があります。これは宣伝のようなもので、ほとんどのお客様は写メ日記を通じてどの女の子と遊ぶかを決定します。写メ日記は風俗で働いているほとんどの女性が利用しており、強制されているわけではありませんが、より多くの収入を得るために書き方のコツを学んでみる価値があります。


写メ日記の『写メ』って何?


写メールを知らない!?


知らないです…


へ昔は携帯で撮影した写真を電子メールで送受信していたんだ!


へぇー



写メ日記とは



写メ日記とは、風俗業界で使われる独自の用語で、写メールのやりとりが一般的だった時代から広まってきました。

風俗サイトにおいて、この概念が導入されたのは2007年頃で、今の20代の女性がまだ幼かった頃から、写メ日記は風俗業界で一般的に使用されています。


写メ日記は重要!


写メ日記は、風俗嬢が自己プロモーションを行うためのツールで、多くの風俗店で導入されている業務です。


写メ日記のメリット
  • お客様が予約してくれやすくなる
  • 話の合うお客様が来店してくれる
  • ある程度客層をコントロールしやすい
  • 本指名に繋がりやすい
  • 稼ぎが増える

お客様は、ほぼ例外なく写メ日記を通じて女の子を選び、予約を入れる傾向があります。そして、写メ日記を頻繁に更新することで、お客様の注目を集め、予約の数を増やすことができます。

多くの女の子が「写メ日記の活用で予約数が飛躍的に増えた!」と実感しているのです♪


写メ日記って絶対しないといけないの?


多くの風俗店では、写メ日記の活用をおすすめしています。ただし、休みの日まで気を張って投稿しなければならないというプレッシャーはありません。出勤したら、軽く1回投稿しようかなと考えることで、負担なく活用できますよ!


写メ日記には何を書けばいいの?


写メ日記は通常、特定のカテゴリーに分かれ、お仕事の出来事や日常の出来事などを投稿するものです。


  • お客様へのお礼
  • 微加工のエッチな写真と内容
  • 半プライベート
  • 出勤日や出勤時間

内容は一般的なことから個性的なエピソードまで、自由に投稿して構いません。ただし、プライベートな情報には気をつけて、身バレのリスクを考慮しましょう。


書き方のコツ



①短い文で幅広いお客様を集客


「本日の出勤前、○○してリフレッシュ♪」

「美容Day♪もっと可愛くなるため頑張りました!」

など、写メ日記では写真と簡潔な文章で自分らしさをアピールしましょう。

お昼に何を食べたかなど、無難な話題は幅広いお客様にアピールできる最適な内容です。また、短い文章なので気軽に投稿でき、頻繁な更新が可能です。お客様に何度もチェックしてもらえるチャンスが増えます。


②詳細な文章でしっかりと考えや情報を共有する


お礼メールもかねて、遊びにいらしてくださった後、「○○さんへ」と少し詳しい文章で感謝の気持ちをお伝えしてみるのもおすすめです。実は、このような丁寧なメッセージは他のお客様にも目に留まり、あなたが感謝の気持ちをしっかり伝えていることが評価され、指名のきっかけにもつながることがあります。

このような感想をシェアすることで、お客様の満足度にも繋がります。感想を記す際は、お客様の名前を公表せずに《○○プレイで盛り上がったHさん》など、匿名のお礼日記を書くことが良いでしょう。


お客様にも自分の個性を伝え、他の風俗嬢と差別化するために真面目に書くことが大切です。このように感想をシェアすることで、お客様に自分のイメージが伝わりやすくなり、他の風俗嬢と被らないことから、真面目に取り組んでいると思ってもらいやすくなるでしょう。


③共通の趣味で楽しい会話を楽しむ!?


風俗は疑似恋愛を楽しむ場所であり、お客様が自分と共感し、楽しんでくれることが重要です。趣味の話を交えることは、お客様との共通の興味を見つける手助けになります。

自分のプライベートを完全にさらけ出す必要はありませんが、たとえばお酒が好きでよくバーに行く、アニメ鑑賞が趣味で特定のアニメがお気に入りといった情報をシェアすることで、お客様があなたとの会話を楽しむ材料となります。

性の趣味や嗜好について話すことは、お客様に特定のプレイをリクエストしてもらうきっかけとなることもあります。たとえば、Sプレイが趣味と公言していれば、M男性のお客様が予約しやすくなるでしょう。

自分の写メ日記を通じて、どんなお客様と出会い、どんな楽しみ方ができるかを考えることは、効果的に稼ぐための方法の一つです。


④風俗嬢としての自覚を持つこと


写メ日記はSNS世代にとって得意なはずですが、プライベートの内容を過度に投稿せず、風俗嬢としての魅力もアピールしましょう。お客様を呼び込むコンテンツと自身の個性をうまく組み合わせることが重要です。


お客様が求める写メ日記の内容とは?



身体の写真


風俗に訪れるお客様は、通常自分の好みに合った女性を選びます。写メ日記はその決定に影響を与えることが多いため、女性は自分の顔や体型がわかりやすい写真を掲載することが大切です。


顔出しは必要ですか?


顔出しは必ずしも必要ではございません


多くの女性がパネル写真の顔にぼかしをかけています。写メ日記でも、スタンプやぼかしを使って口元や目元を隠すことは一般的です。しかし、パネル写真には体型や輪郭の加工も行われていることが一般的で、お客様もそれを理解しています。したがって、写メ日記に載せる写真では、できるだけ自然な姿で、軽い加工を過度に行わないようにしましょう。


胸やお尻の写真


風俗のお仕事でお客様を引き寄せるには、エッチな写真が重要です。セクシーな下着を身に着けて、魅力的に見せる写真をアップしましょう♪


人となりがわかる内容


性格、趣味、お仕事中の接客スタイルなど、自分のことを分かりやすく伝えることはお客様にとって魅力的です。お客様が「こんな女の子だな」と思えるような情報を提供しましょう。

ただし、一部の風俗嬢は特定のキャラクターを演じていることがあります。そのような場合、情報の提供には慎重になり、「キャラクター通りに演じています」と明確に伝えることが大切です。お客様の期待に応えるために、正直かつ誠実に情報を発信しましょう。


可能なプレイ内容


風俗で提供できるプレイには、基本プレイとオプションプレイがあり、女の子によってNGとするプレイも異なります。自分ができるプレイに積極的にアピールしましょう。たとえば、おもちゃOKや3Pが可能など、他の女の子がNGにしていることを提供できる点を強調し、特徴的なアピールポイントとして活用しましょう。エッチな言葉を巧みに添えることで、お客様への訴求力を高めることができます。


お礼・感想


一番大切なことは、お客様への感謝の気持ちを忘れず、1人ずつにお礼のメッセージを送ることです。この姿勢は次回の予約につながることも多いです。本指名のお客様、新規のお客様、皆を平等に大切に扱い、再びお越しいただきたい旨の誘いも添えながらお礼メッセージを送りましょう。

女の子たちは、お仕事の終わりにメッセージが添えられた名刺を渡すこともありますが、写メ日記を通じても感謝の気持ちや感想を伝えることが大切です。風俗業界で成功するためには、お客様への思いやりが不可欠です。上記文章を改変しましたが、修正や追加があればお知らせください。


写メ日記を書く時の注意点


社会には否定的な言葉が多いです。例えば「疲れた」「つらい」「しんどい」といったワードが挙げられます。写メ日記でこういった表現を使うと、お客様に不快な印象を与えてしまうことがあります。

もちろん、疲れていることを率直に伝えることは構いませんが、ポジティブな結びつけを付けることが大切です。例えば、「疲れたけど、楽しかったです♪」「面白い経験ができました!」など、良い印象を持たせる言葉を使うように心がけましょう。

たとえ難しいお客様に当たったとしても、ネガティブな感情を写メ日記に表現するのは控え、他のお客様にも優しい表情を見せるように心掛けましょう。何かしんどいことがあれば、お店のスタッフに相談するのも良い方法です。文章を改変しましたが、さらなる修正が必要であれば教えてください。

SNSに過度に依存せず、1日に何度も、数分おきに写メ日記を連続で投稿するのは逆効果です。

このような頻繁な投稿スタイルは、お客様に次のような印象を与えかねません。

この女の子は暇そうなのか?

もしかして何かトラブルがあるのか?

待機時間やお仕事の合間に写メ日記を投稿するのは問題ありませんが、適切な頻度を心がけましょう。例えば、1日に5回までに制限し、朝に投稿したなら次は夕方に、などのスケジュール調整が良いでしょう。時間や感覚を適度に調整して、安定したペースで写メ日記を投稿することが重要です。文章を改変しましたが、さらなる修正が必要であればお知らせください。


投稿時間



写メ日記の投稿時間は、SNSと同じく戦略的に考えることで、より多くのお客様に見てもらいやすくなります。

以下は効果的な時間帯の例です。


  • 7時~9時
  • 12時~13時
  • 19時~23時

これらの時間帯には、社会人が通勤・退勤し、帰宅後にスマホで風俗店を探すことが多い傾向があります。

特に週末や休日には夜間が一番アクセスが多くなります。たとえば、金曜の夜にデリヘルを呼ぶ、仕事帰りに風俗店へ行くなどの状況が考えられます。したがって、これらのタイミングで投稿を行うことがおすすめです。

写メ日記の更新頻度はできるだけ多い方が良いですが、初めは出勤時に1回~2回の投稿から始め、写真を撮りつつ内容を考えていくことをお勧めします。文章を改変しましたが、さらなる修正が必要であればお知らせください。


まとめ


写メ日記の内容と書き方は、指名本数に影響を与える大切な要素です。風俗で働く女性にとって、お客様とのつながりを築くために重要な仕事の1つです。したがって、入店したらできるだけ頻繁に投稿することをお勧めします。

もちろん、お店の集客施策も役立ちますが、個人の魅力を伝えるためには写メ日記が非常に有効です。これによって、指名本数を増やすことができ、さらなる収入を得るチャンスが広がります。

©︎ copyright 現役ナースが精液採取に伺います

ページトップ