風俗求人しょこららびっと

​【風俗嬢のための会話テクニック】即活用可能なトーク例5選

  • 未経験者向け
  • お仕事解説
  • プレイテクニック
  • 稼げるテクニック
  • 風俗の基本知識
  • お金が欲しい
  • クソ客
  • 上級者向け
  • 中級者向け
  • 初心者向け

2024/03/05

風俗のお客様との会話は、人見知りさんやコミュニケーションが得意でない風俗嬢にとって、悩ましいことかもしれません。

「何を話せばいいかわからない」とまでいかなくても、「会話が盛り上がらない」「お客さんも楽しんでいないように感じる」と考えている人も多いかもしれません。

今回は、そんな会話の悩みを解決するテクニックをご紹介します!

「名前を尋ねる方法」や「相手が気持ちよく感じる会話のコツ」「難しいお客様への対処法」まで、具体的なアドバイスを紹介しているので、次回の接客にすぐに役立てられますよ!


みんな似たような問題を抱えているから、気にしなくて大丈夫!経験豊富な嬢たちから学んだ会話の秘訣を伝授しますね!


風俗業界では、会話はそこまで重要ではない



挨拶からお別れの「ありがとう」まで、無言ではいられない、これが風俗のお仕事です。

お客様との会話に苦労している風俗嬢たちもいるんですよ。一つの失敗談を聞いてみましょう。


失敗談

A:「お客さんが知り合い自慢ばかりでさ…」
B:「ふうん」
A:「もうそればかり気になってさ…」
B:「ふうん」
A:「私、「どうして他人のことなのに自分ばかりが偉そうに話すんですか?」って聞いちゃったんだけど、怒られてさ…
B:「それはやっちゃったね」


こんな風に、失敗談もたくさんあるんですよね。

私も、会話が苦手で、ついつい相手の話を聞き流しちゃうことがあるんです(苦笑)


しかし、風俗店は基本的にお客様にプレイを楽しんでもらうためのお店です。会話を目的にやってくるお客様は、ごくわずかです。


だって、会話を楽しむためならキャバクラやスナックに行くでしょ?


風俗でのお客様との会話は楽しんでもらうことが目的です。会話はあくまで「自分の印象を良くするため」のツールです。自分の印象を良くできれば、プレイもスムーズに進みますし、指名率も上がりますからね。

「風俗において、トーク力はサポートスキルのようなもの」と考えれば、話すのが苦手な方も少しは気が楽になるでしょう。


気楽になったところで、すぐに実践できる会話テクを教えますね!


次回の接客で活用!効果的な会話術5選



こちら、実際に活用できる会話テクニックをご紹介します。すぐに試してみて、お仕事に役立ててみてくださいね!

名前呼びで親しみを築こう!

自己紹介をした後、風俗のお仕事をしている方々は、お客様のお名前をお尋ねすることがよくありますね。

通常、人々は自分の名字を伝えますが、ここではもう少し親しみを持たせるために、お客様の名前の下の部分もお聞きしてみるのはいかがでしょうか。

性別を問わず、誰しもが自分の名前で呼ばれると、特別感を感じることがありますからね。

また、風俗のお客様の中には偽名を使っている方もいらっしゃいますが、下の名前を尋ねることで、そのようなトラブルを避けるのにも役立つことでしょう。


ちなみに、お名前を教えてもらってもいいですか?


私は田中と言います。


田中さん、わかりました!では、下の名前は何と呼んだらいいですか?


このように、自然な流れで名前を尋ねてみましょう。

もちろん、相手が快く答えない場合は無理に聞く必要はありません。お相手のリアクションに合わせて、柔軟に対応しましょう。

相手の話を聞こう

挨拶を交わし、名前を尋ねたら、次は相手のお話を聞いてみましょう。

普段、世間話としてよく使われるのは天気や最近のニュースなど、無難なトピックですね。

ただし、これらの話題ばかりを続けていると、相手に「会話が長引いている感じがするな…?」という印象を与えかねません。そのため、


〇〇さんと話すの楽しみにしてたんですよ!


△△のオプションを選んでくれたのは、××が好きなんですか?


のように、相手について話題を振るようにしましょう。会話が自分中心にならないように注意しましょう。

たとえば、天気の話題でも「今日は雨がすごかったですね!」と言うだけでなく、


今日の雨、ここまで来るの大変でしたよね?


と、相手の立場に立った会話を心がけましょう。

会話の内容を、お客様ごとにアレンジする必要はありません。天気やニュースのトピックを事前に用意し、会話をスムーズに進めるためのパターンを作成してしまいましょう。

「Yes」ではなく「No」を言う

相手に対して抱いた印象とは逆のことを伝えてみるのも効果的です。

話の内容にギャップを持たせると、相手が耳を傾けやすくなり、かつ「この子は本当の私を理解してくれている」と思ってもらえます


〇〇さんは優しそうな感じだけど……でも、逆に締めるところはしっかりしている感じするな~!


最初はちょっと怖い人かなって思ったんですけど、実際はすごく親しみやすい方でした♡


のように、抱いた印象と反対のメッセージを伝えるだけでOK!

お客様は話の内容が合っていたら親近感を抱いてくれますし、外れていても「そんなことないよ!(笑)なんでそう思ったの?」のように尋ねてくれるので、結果オーライです!

「オウム返し」で共感を示す

お客様に気持ちよく話してもらうためには、相手の発言を繰り返す「オウム返し」も有効です。

話し上手より聞き上手になるのが「楽しかった」と思ってもらえる会話の秘訣。とはいえ、お客様の話を引き出すのはなかなか難しいものです……。

そこで役立つテクが「相手の発言を繰り返す」こと!


今日のお天気、良かったですね。


良かったですね。でも、スーツを着ているからお仕事なんですか?


そうなんだよー、休日なのに仕事ですよー。


うわー、休日にもお仕事なんて大変ですね。でも、今日は一緒にゆっくりしましょう♡


お客様のように発言をオウム返しすることで、お客様は「ちゃんと私の話を聞いてくれてる!」と心を開いてくれるんです。

またオウム返しは、会話のペースをゆったりとさせてくれる効果もあります。もし、さっきの会話でオウム返しを使わないと

オウム返しと呼ばれるテクニックは、会話のペースをゆっくりと進める効果も持っています。前述の会話のようにオウム返しを活用しなかった場合、対話のリズムが速くなり、相手を焦らせてしまうかもしれません。


今日のお天気、良かったですね。


でも、スーツを着ているからお仕事なんですか?


そうなんだよー、休日なのに仕事ですよー。


今日は一緒にゆっくりしましょう♡


上記のように会話のリズムが速くなると、相手を焦らせてしまい、「落ち着かない」「早く返事をしないといけない」と感じさせてしまうかもしれません。

お客様も私たち同様、会話が得意な人ばかりではありません。だからこそ、「この子は落ち着いて話せるな」と思ってもらえるよう、相槌にオウム返しを積極的に取り入れてみましょう。

「私は」で褒め言葉を自分事にする

「私は」は、相手の気持ちを素直に伝えるときに使うのが効果的です。

たとえば、お客様が忙しいのに来てくれたら、


忙しいのにいつも会いに来てくれるね!嬉しいな♡


と伝えましょう。

また、お客様が面白い話をしてくれたら、

〇〇さんの話、めっちゃ面白い!一緒にいて楽しい♡/p>


と伝えましょう。

「私は」を使うことで、自分の気持ちが伝わり、お客様も安心して接客を受けることができます。

ただし、自分の話ばかりするのはNGです。


NGリスト

「私は〇〇だから」「私は△△なんだよ!」「私って××じゃん?」


と話していると、お客様は退屈して離れていってしまいます。

相手を褒めたり感謝したりしながら、相手本位の会話を心がけましょう。

心理学の応用:風俗業界の秘密の対話スキル



心理学のテクニックを活かした会話のスキルをご紹介いたします!

「YES」で会話の主導権を握ろう

相手が同意できる質問を繰り返すことで、相手から「YES」を引き出すテクニックを「YESセット」といいます。

このテクニックは、「人は何度も同意を重ねていると、相手に反論しにくくなる」という心理法則を利用しています。

具体的には、以下のような質問をすることで、相手から「YES」を引き出すことができます。


  • 天気や季節に関する質問
  • 相手の意見や考えに関する質問
  • 相手が興味を持っていることに関する質問

例えば、以下のような会話が挙げられます。


キャスト:今日はいい天気ですね!
お客様:そうですね!
キャスト:でもちょっと寒いですね。
お客様:そうそう、寒いですね。
キャスト:お風呂入ったらあったまりそうですね。
お客様:そうですね、入りたいですね。


このテクニックを使うと、相手から「YES」を引き出すことで、相手との信頼関係を築きやすくなります。

「相手の言っていることがYES」から「相手の存在自体がYES」になっていく傾向もあるため、相手の意見や考えを尊重しながら、より具体的な行動を促す質問を心がけましょう。

「NO」を「OK」に変えよう

相手の反応が「NO」ばかりのときに使える、応用編の「逆説」も紹介します。

逆説は、相手が否定から入る前提で話を振るテクニック。「いや」「でも」「別に」といった否定的な言葉から会話を始める相手に使えます。


逆説を使わない普通の会話だと

キャスト「今日はいい天気だね!」
お客様「別にそこまでじゃなくない?」(NO)
キャスト「確かに、ちょっと寒かったかも!」
お客様「でもまあ、昨日ほどじゃないけどね」(NO)
キャスト「……もうお風呂入っちゃう?」
お客様「別に風呂はいいよ、もう入ってきたし」(NO)


となるところを、逆説を使うことで


逆説を使う会話だと

キャスト「……もしかして、今お風呂あんまり入りたくない?」
お客様「別に、風呂ぐらい入るよ」(NOだが欲しい答えに誘導)
キャスト「私と一緒に入ってくれないよね?」
お客様「いや、なんでだよ、入るよ(笑)」(NOだが欲しい答えに誘導)


のように、結果的にこちらが欲しい返事をもらえるように会話を誘導できるんです。

ちょっと話して否定が多い人だと感じたら、ぜひ逆説を試してみてくださいね!


まとめ:簡単会話術で好感度アップ!

話が苦手な人でも、お客様に「楽しかった」と思ってもらえる会話術をご紹介します。

ポイントは以下の5つです。


風俗嬢のための会話術まとめ
  • 下の名前で呼ぶ
  • ギャップを取り入れる
  • 「オウム返し」で聞き上手になる
  • 褒めるときは「私は」を使って
  • 「YES」を積み重ねて信頼を築く

たくさんの会話テクニックを紹介しましたが、一度にすべてを取り入れる必要はありません。「これは使えそうだな」「これなら試してみよう」と思うものから徐々に取り入れてみてください。

良い会話が始まると、プレイもスムーズに進行し、お客様からの指名も増えるでしょう。できることから始めて、接客の品質を向上させていきましょう!

RECOMMEND
あなたにおすすめの記事

画像がありません

学生さん必見!学校終わりに出勤して3万円GETのチャンス!

風俗の鉄則!ワンパターンプレイはNG!飽きさせずに楽しませる方法

仕事する上で顔出しって必要ですか?

風俗嬢の必需品!イソジンの役割を詳しく解説します

面接からお仕事までの流れ