風俗求人しょこららびっと

コミュニケーションが苦手な方にもぴったりの『基本の会話テクニック5選』

  • お仕事解説
  • 稼げるテクニック
  • 風俗の基本知識
  • お給料・システム
  • お金が欲しい
  • コンプレックス
  • 未経験者向け

2024/03/05

今日もお客さんとのトークが続かなくて、微妙な雰囲気になっちゃったなぁ…。私みたいな話が苦手な人って、風俗のお仕事に向いてないのかな?


人と話すのって苦手だなぁ。風俗って『究極の接客業』って言われるけど、コミュ障の人でも大丈夫なのかな!?


……なんて悩んでいるそこのアナタ!安心してください。例えコミュ障でも、風俗で働くことは可能です!!

風俗ではプロレベルにトークスキルを磨く必要はありません!まずは、「それなりにスムーズに話せる程度」を目指すだけで十分です。

今回はコミュニケーションが苦手な方にもぴったりの『基本の会話テクニック5選』をご紹介いたします!


コミュ障でも、風俗のお仕事は可能です!ただし、しっかり稼ぎたい場合、基本的なコミュニケーションができることが大切です。一緒に考えていきましょう!



コミュ障な風俗嬢でも役立つ会話テク5選



人と話すのが本当に苦手……!」というコミュ障の方でも、すぐに試せる具体的な会話テクをお伝えします!


3秒以上目を合わせる


まず、お客様と視線を合わせることは基本です。

硬直して目をそらす人や、ぼんやり他の方向を見つめる人と話すのは楽しくありません。お客様からは「私、何か嫌なことをしたのかな?」と誤解されかねません。

ただし、コミュニケーションに苦しむ方にとって、視線を合わせることは難しいことがあります。単に「見る」ことができても、どの程度見つめるべきか分からなくて、お互いに不快に思わせてしまうこともあるかもしれません。

なぜ3秒なのか?それは不自然でなく、「何故そこまで見つめてくるの?」と思われない長さが『3秒間』だからです。

お客様と目が合ったら、とにかく3秒間はそのまま視線を合わせ続けてみてください。3秒が経過したら、少し視線を外しても構いません。次にお客様と目が合ったら、再び3秒間続けてみてください。

「3秒は必ず見る!」というように、自分で事前にルールを設けておくことで、接客中に緊張しにくくなります

もし視線を合わせるのが難しい場合、無理せずアゴや涙袋のあたりを見つめることもできます。


でも、胸元まで見ると、「え、この子どこ見て話してんの?」感じちゃうから気をつけてくださいね。顔の辺りを見ている分には大丈夫です!!


聞き手になる


風俗でがっつり話し上手になる必要はないのです。大切なのは自分がメインで話すのではなく、お客様に気持ちよくお話してもらうことです。アイコンタクトができたら、次に大切なのは相手の話を聞く(聞き上手になる)ことです。ただし、聞き上手になるのは一朝一夕ではできませんが、「相手の話を遮らない」「否定や反論をしない」「自分語りをしない」といった3つのコツを意識してみることから始めましょう。


1.相手の話を遮らない

相手の話を遮ってしまうと、相手は不快に思うことがあります。確認する場合を除き、基本的には相手が話し終わるのを待ちましょう。


2.否定や反論をしない

お客様は議論のために風俗に来るわけではないので、否定や反論は避けましょう。難しい話題になった場合でも、「そうかもしれませんね」「そういうこともあるかもしれませんね」と相手を尊重しましょう。


3.自分語りをしない

自分の話ばかりしていると、相手は興味を失ってしまうかもしれません。聞き上手な人は​聞く:話すの黄金比率が7:3だと言われています。相手の話を聞くことを意識し、自分の話を抑えることが大切です。


これらのコツを意識するだけで、「話していて気持ちがいいな」「この方といると居心地が良いな」と思われる可能性が高まります。


難しいテクニックはまったく必要ないよ!意識すれば誰でもすぐに実践できるコツがあるから。ここから聞き上手への第一歩を踏み出そう!


簡単な共感の言葉を使う


「聞き上手への第一歩を踏み出すために、次は「あいづち」を意識しましょう。

人は適度なあいづちを受けることで、「話を聞いてもらえている」という安心感や、「この後の話もちゃんと聞いてもらえる」という期待感を感じます。この2つがあるからこそ、人は気持ちよく会話を続けられるのです。

つまり、会話のキャッチボールを続けるためには、適度なあいづちが不可欠です。「でも、適度なあいづちってどうすれば……?」と悩む方には、『単純あいづち』の使い方を覚えてみることをおすすめします。


簡単なあいづち

「はい」「うん」「なるほど」「確かに~」「へぇ~」「そうなんだ」


簡単なあいづちは、このような一言程度の短いあいづちです。相手の話を邪魔せず、自然な流れで会話を続けやすくなります。

何を言っても黙っている人とは、話していても楽しくないもんですよね。あいづちは相手の話に興味があるサインなんですよ!


『褒める際のさしすせそ』を覚える


聞き上手になるだけでなく、『褒め上手』を目指すことも重要です。誰だって褒められるのは嬉しいものですよね。特に男性は支配欲や独占欲が強い場合が多く、女性からの賞賛を受けることを好むことがあります。

無理に褒める必要はありませんが、一般的な男性とのコミュニケーションでは、『褒め上手』になることで円滑に進めることができます。どんな場面でも応用できる『褒める際のさしすせそ』を覚えてみましょう!


褒める際のさしすせそ
  • さ「さすがですね!」
  • し「知らなかったことです!」
  • す「すごいですね!」
  • せ「センスが素晴らしいですね!」
  • そ「それはすごいことですね!」

『褒める際のさしすせそ』はどんなトピックにも適用でき、相手を褒める際に非常に役立ちます。相手の自慢話や、詳しく知らない分野に関する会話にも活用できるでしょう。


自分がコミュ障であることを率直に伝える


自分なりにがんばっているけど、どうもうまくいっていない気がするなぁ……。


「ちゃんとしなきゃ」って思うと失敗しちゃう。どうしたらいいの?


これまで紹介した会話テクニックを試してみましたが、なかなか成果が出ない方には、一つ「最後の手段」があります。

最初から素直に、自分がコミュニケーションが得意でないことをお客様に告白することです。でも、これは決して諦めたり、開き直ったりすることではありません!

率直に認めることで、「上手に会話しなければいけない」「コミュニケーションがうまく取れないことを隠さなければいけない」というプレッシャーから解放されるという大きな利点があるのです。


自分が緊張してしまうことが、上手く会話できない原因の一つかもしれません。プレッシャーを感じずに、自然体で会話できるようになった例もありますよ!


例えば:

「実は、私、人と話すのがあまり得意ではないんです…。おかしなことを言ってしまったら、ごめんなさいね」 「もし楽しい会話ができなかったら、ごめんなさい。でも、最善を尽くして頑張りますので、よろしくお願いします!」は避けましょう。むしろ、会話が得意ではないけれど、全力で頑張りますという前向きな姿勢を示すことが重要です。


ただし、「私はコミュ障だから、話す必要はないでしょ?」といった逃げるような言い方


特に素人や未経験の場合、この方法は効果的かもしれませんよ!お客様も初心者や未熟な人を求めていることがあるからです。


まとめ:コミュ障女子も風俗で活躍可能!基本の会話テクをマスターしよう


コミュニケーションが苦手な方でも実践しやすい、基本の会話テクニックを紹介しました!大切なポイントを再確認しましょう。


コミュ障な風俗嬢でも役立つ会話テク5選
  • 3秒以上目を合わせる
  • 聞き手になる
  • 簡単な共感の言葉を使う
  • 『褒める際のさしすせそ』を覚える
  • 自分がコミュ障であることを率直に伝える

今回は一般的なメンタル論ではなく、「具体的な行動が明確に示されるテクニック」を選んでご紹介しました。

どなたでも、そして次回の対話からでも実践できる方法ばかりですので、コミュニケーションに悩んでいる方はぜひ挑戦してみてくださいね!

RECOMMEND
あなたにおすすめの記事

デリケートゾーンの臭い対策と新アプローチ【女性の快適な毎日】

【現役ナースが精液採取に伺います】ってどんなお店?

画像がありません

学生さん必見!学校終わりに出勤して3万円GETのチャンス!

新人風俗嬢の稼ぎコツ:3つのポイント

充実の待遇