風俗求人しょこららびっと

風俗の面接での「身分証明書」の重要性!有効な身分証を確認しよう

  • お仕事解説
  • プレイテクニック
  • 風俗の基本知識
  • 風俗豆知識
  • 初心者向け
  • 未経験者向け

2024/03/06

風俗求人を見つけて面接に臨む前に、必要な持ち物を確認しましょう。

風俗で働く際に必要なのは「身分証明書」。これがなければどのお店でも採用されません。


他の仕事でも使えるし、健康保険証でも問題ないんじゃないかな? 大学の学生証しか持ってないから、それで行こう!


お待ちください。実は、保険証も学生証も風俗の面接では使用できません。


えっ!健康保険証しか持っていないんだけど…。他の場所では使えるのに、風俗は厳しすぎるよね?


お店側も、働く女性の身分をしっかりと確認しなければならない重要な理由があるんですよ!その理由や有効な身分証明書について詳しく説明していきますね。




風俗の面接:履歴書不要、身分証明書必携!



履歴書では学歴や趣味、特技など詳細な情報を提供してアピールすることが一般的です。しかし、風俗の面接では判断基準が異なり、容姿や受け答えなど接客スキルが重要視されます。

風俗店の面接では、あなたの対応や接客スキルを基に採用を決定することが一般的で、詳細な履歴書は必要ありません。ただし、身分証明書は必ず持参しましょう。


風俗店の身分証明書チェックの重要性


風俗店での仕事は、年齢制限があり、18歳以上(一部のソープランドでは20歳以上)で、かつ本籍が確認できる人に限られています。

未成年の女性を雇ってしまうと、風俗店は法的な問題に直面し、摘発や営業停止の危険性が高まります。そのため、風俗店側は面接の際に女性から「名前・生年月日・住所・本籍・顔写真」などが確認できる身分証明書の提示を求めているのです。


なぜ本籍を確認するのでしょうか?

風俗店が働く女性の本籍を確認するのは、彼女らの国籍を確認し、外国人の不法就労や不法滞在を防ぐためです。”


風俗の面接で使える3つの身分証明書



こ風俗面接に有効な身分証明書は?


風俗面接で有効な身分証は運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの3つです。


身分証明書の発行には日数や費用に違いがあります。各身分証のメリットとデメリットを紹介します!


運転免許証



身分証明書といえば、運転免許証が一般的ですよね。車の運転だけでなく、さまざまな場面で使える便利な身分証です。

普通自動車免許や原付免許などがありますが、普通自動車免許の取得は費用と時間がかかります。身分証明書として使うだけなら、負担の少ない原付免許がおすすめです!


メリット
  • 原付免許なら最短1日で発行が可能!

デメリット
  • 1万円程度お金がかかる
  • 簡単なものだが交通ルールを勉強しなければならな

学科試験をクリアすれば、実技講習を受けて1日で免許を取得できます。急ぎで必要な方や将来のために原付免許を取得したい方には、原付免許がおすすめです


パスポート



旅行の際に不可欠なパスポートも身分証明書として有用です。有効期限が5年または10年と長いため、友達と急に海外旅行に行くことになった場合でも安心です!


メリット
  • 氏名・年齢・本籍がこれひとつで確認できるため、住民票の写しがいらない

デメリット
  • 申請してから最短でも1週間はかかる
  • 5年パスポート13,000円、10年パスポート18,000円と発行にお金がかかる

パスポートは、写真、名前、年齢、住所などの情報が含まれており、これ1つで身分証明書として有効です。すでに所持している場合、パスポートを持参しましょう!


マイナンバーカード(個人番号カード)



マイナンバーカードも優れた身分証明書です。取得には市役所(区役所)への「通知カード」と「個人番号カード交付申請書」の提出が必要です。ただし、注意が必要なのは通知カードには顔写真がなく、番号しか記載されていないため、これがマイナンバーカードではないことを誤解しないようにしましょう。


メリット
  • 無料で作れる

デメリット
  • 発行に1ヶ月ほど時間がかかる

マイナンバーカードの申請は、郵送やオンラインからも可能です。申請自体は難しくありませんが、発行には約1ヶ月ほどかかります。時間に余裕がある方にオススメです!

本籍入り住民票の取得方法と場所



運転免許証があるから、これだけで大丈夫でしょう?


いえ!運転免許証だけでは不十分です。それに加えて、本籍地の住民票の写しも必要です!


風俗店での働き口を探す際、氏名や年齢だけでなく、本籍地の証明も求められます。本籍を確認するためには、本籍入りの住民票の写しを用意する必要があります。


パスポートには本籍が記載されているから、パスポートだけで十分じゃないの?


パスポートをお持ちの方は、住民票の写しは不要です!運転免許証やマイナンバーカードを身分証明書として使用する方は、本籍地の市役所(区役所)での申請が必要です!


本籍は自ら申し出なければ住民票に記載されません。申請書の「本籍」欄にチェックを入れて申請しましょう!


申請に必要な書類や手数料は地域によって異なりますが、通常は「写真付きの身分証明書」と「手数料300円」が必要です。詳細については、お住まいの地域の市役所(区役所)のウェブサイトで確認してくださいね。


写真のない身分証明書でも、「健康保険証と年金手帳」のように2つの書類を提出することで対応可能な場所もあります。


マイナンバーカードや住基カードを利用すれば、一部の地域ではコンビニでも住民票の写しを取得できます。市役所(区役所)に足を運ぶ手間が省けるため、使い勝手が良いですね!


風俗の面接でNGな身分証



以下は身分証明書として使用できないものです。


NGな身分証明書
  • 学生証
  • 年金手帳
  • Suica、taspo、定期券、クレジットカード、ポイントカード…etc
  • 卒業アルバム、卒業証書
  • 期限切れの運転免許証
  • 健康保険証

身分証明書は年齢確認のために使うもので、一部の違法風俗店では「期限切れの運転免許証」や「保険証」、「卒業アルバム」などでも許可しているところがあります。

しかし、こうしたお店は法律に違反している可能性が高いため、安易に働かないようにしましょう。自身の安全を最優先に考えましょう。


まとめ:風俗の面接には身分証明書が必要不可欠です!


公的な身分証明書は、日常生活で不可欠なものです。持っていない方は、今が作成の絶好の機会です。


まとめ
  • 「急いで準備が必要」なら『原付免許証』。
  • 「1週間ほどの余裕があり、将来の海外旅行計画がある」なら『パスポート』。
  • 「費用を抑えたいし、待てる期間がある」なら『マイナンバーカード』。

運転免許証とマイナンバーカードを選んだ場合、住民票の写しも不可欠です。

もし面接日までに身分証明書を用意できない場合、必ず事前にお店に連絡しましょう。

RECOMMEND
あなたにおすすめの記事

鬼出勤のメリットとデメリット!効果的な働き方のご紹介

【店長に質問】昼職と掛け持ち vs 風俗1本どちらがおすすめ?

人気女性の秘訣!稼げる女の子の特徴と成功の流れ

風俗嬢のための店外デート断り方マニュアル

理想のお店を選ぶためのポイント