風俗求人しょこららびっと

風俗嬢必見!繁忙期・閑散期での効率的な稼ぎ方

  • 初心者向け
  • お仕事解説
  • 未経験者向け
  • プレイテクニック
  • 稼げるテクニック
  • 風俗の基本知識
  • 風俗豆知識
  • お給料・システム
  • お金が欲しい
  • 上級者向け
  • 中級者向け

2024/03/06

風俗のお仕事って、繁忙期と閑散期があるんだよね。でも、それって具体的にいつなのか知りたいんだけど、教えてもらえる?


風俗業界の魅力は、自分の都合に合わせて働ける柔軟性にあります。しかし、風俗業界にも「繁忙期」と「閑散期」が存在し、シフトの調整が効率的な収入を確保するために重要です。

この記事では、「風俗の繁忙期と閑散期の時期はいつなのか」といったポイントや、閑散期に適切な対策について、経験豊かな風俗従業員が詳しく解説します。


平均で「10分」程度で理解できる、簡潔な情報です。繁忙期と閑散期の把握により、待機時間の削減と効率的な収入増加が可能になります!



風俗の繁忙期:1・4・5・7・8・12



通常、風俗業界の繁忙期は「1月、4月、5月、7月、8月、12月」です。

大型連休やボーナス支給のシーズンでは、一般的に社会全体が賑やかになり、風俗業界も大いに活気づく傾向があります。


風俗業界の1月:需要増で期待大【1月】


1月は風俗業界において、非常に繁忙な時期であり、特に年明けは冬休みの時期と重なり、風俗嬢にとっては稼ぎどきのシーズンです。

多くのお客様が年始のお祝いムードに乗せられ、冬のボーナスで懐が温かくなった時期でもあるため、風俗への訪問が増える傾向があります。

この喜ばしいトレンドは首都圏だけでなく、全国各地の風俗業界でも同様です。

帰省した際、周囲に遊ぶ場所が限られることから、「風俗で楽しむか」という考えで利用する人々が増加し、全国的に需要が高まる時期となっています。


お正月はのんびり過ごしたい時期かもしれませんが、次の閑散期に向けて積み立てをすることで、心の余裕も大いに確保できますよ。


春の風俗デビュー:新社会人増加で需要急増【4月】



4月から春の繁忙期が到来します。この季節は新入社員の歓迎会が開催され、飲み会の後に風俗を楽しむケースも増える傾向があります。

また、若い男性たちの中には「社会人になったからこそ風俗デビューを!」と意気込む人も多いようです。

特にシフトを組むべきは、一般企業の給料日である​1​の期間です。この時期、年配の男性の中には「給料が入ったし、若手に風俗を楽しませてあげよう」と考える方も多いのです。


確かに、春の繁忙期のメインイベントはGWです。この時期をウォーミングアップの段階と考え、徐々にシフトを増やしながら働いてもいいかもですね。


GW到来:風俗業界上半期最大の繁忙期【5月】


4月末から5月初めにかけてのGW(ゴールデンウィーク)は、稼ぐチャンスを逃すわけにはいかない、まさに超繁忙期です!

大型連休の時期には経済が活性化し、東京都心はもちろん、旅行先でも風俗を利用する人々が急増します。GWは年始と同様に、全国的に風俗の需要が高まる絶好の機会なのです。


GW中、全日出勤していた女性の中には、5月だけで100万円以上の収入を得た方もいらっしゃいました。


ただし、GWは友人たちと楽しい時間を過ごす貴重な機会でもあります。繁忙期であっても、無理して働いてストレスをためるのは得策ではありません。

適度な休息も大切です。連休が終われば需要も収まるので、そのタイミングでゆっくり休暇を取ることも検討してみてはいかがでしょうか。


夏のボーナス時期を狙った風俗アルバイト【7月】


7月からは待望の夏の繁忙期が幕を開けます。

この時期には夏のボーナスが支給されるため、お盆休みが終わるまでの間、お客様がたくさん来店する傾向があります。

できるだけ、一般企業のボーナス支給が行われる「7月中旬」以降にシフトを組むことが望ましいでしょう。ただし、公務員のボーナス支給時期は「6月末」頃なので、月の前半でも働く価値はあります。

多くのお客様が手にしたばかりのボーナスにより、彼らの要望も大胆になりがちです。普段よりもロングコースや高額オプションが選ばれやすい時期でもありますよ。


夏の風俗アルバイトは8月も稼ぎどき【8月】


暑い季節ではありますが、この時期は頑張るべき時かもしれません。お盆休みに帰省する人が多いため、8月は全国的に風俗の需要が高まります!

さらに、夏のボーナスがまだ手元に残っているお客様が多いのも特徴です。

「夏休みが終わる前に、自分の時間を満喫したい!」という思いから、急いで来店するお客様も増えることでしょう。8月末まで、安定した集客が期待できる時期と言えます。


冬の風俗アルバイトは12月が盛り上がり時


12月は冬のボーナス、クリスマス、忘年会、そして年末休みなど、稼げるチャンスが豊富な月です。

特に24日と25日は、風俗業界では「性なる夜」として知られています。プライベートの楽しみも大切ですが、お店にとっては客入りが1年の中で最高潮に達する時期と言えます。

特に本指名のお客様が多い女性なら、1日中予約で埋まることもあるかもしれません。


風俗の閑散期【2月・3月・6月・9月・10月・11月】



2月の出費とバレンタインブースト


1月が終わり、2月になると風俗業界は冷え込む時期です。

年末年始の出費が重なり、お正月の余韻も冷め、人々は通常の生活に戻り始めると、お客さんがなかなかつかないことが続きます。

しかし、2月にはバレンタインデーがやってきます!

この時期、チョコレートをもらいたくて風俗を訪れる男性が多く、あなたのサービスでその需要を満たすことができれば、バレンタイン周辺は大忙しになる可能性があります。

本指名のお客さんもフリーのお客さんも、チョコレートを用意して、写メ日記で宣伝してみてください。


生活環境の変化への対応策【3月】


3月、一般企業は決算の時期。人事異動や転勤、引っ越しなどで環境の変わる季節でもあり、忙しくて風俗に来る暇がない、という人ばかりです。

とはいえ、閑散期だからって収入が0になるわけではありません。

例えば自営業の人は季節に忙しさを左右されないでしょうし、いくら忙しくても通い続けてくれる本指名のお客さんがいれば安定収入が見込めます。

この時期に腐らずお客さんを呼び込む努力をすることが、ゆくゆくは繁忙期の稼ぎにも繋がっていきます。


梅雨の時期におけるデリヘルの需要【6月】


GWの超繁忙期が終わると、気候は梅雨に入ります。毎日のように降り続く雨の影響もあって、6月は少し肌寒い閑散期となります。

一方で、デリヘルの需要は増加すると言われていますが、店舗型風俗で働く風俗嬢にとっては難しい時期かもしれません。


4月と5月にしっかり稼いで、そのお金でのんびり過ごすのも選択肢の一つです。


来ないお客さんを待ち続けるのは、自分にとって良いことではありません。それが「需要がない」「稼げない」と思い込む原因となり、気分が沈んでしまうことがあります。閑散期には他にも楽しい過ごし方があるので、あまりストレスを抱えずに過ごすことも大切です。


秋の季節におけるリピーターの重要性【9月】


9月はかなりの閑散期と言えます。時には「閑古鳥が鳴く」という表現を超えて、「閑古鳥を飼っている」くらいの静かな季節です。この雰囲気にのまれると、自己肯定感を失いがちで、仕事に対するモチベーションも下がりがちです。

この季節を乗り越えるために、適度に息抜きをしながら頑張りましょう。本指名のお客様を多く持っている風俗嬢は心配ありませんが、そうでない方もいるでしょう。

そういった場合、リピートしてくれそうなお客様をいくつか選んで、「お店にまた来ていただきたい」と率直にお願いしてみるのも一つの方法です。恥ずかしがらずに直接お願いすることで、お客様の心を動かすこともありますが、あまりしつこくせず、程々に心掛けましょう。


太客を探し続ける秋【10月】


10月も終わりに近づき、閑散期がまだ続いていることに戸惑っている方もいるかもしれません。しかし、11月に入っても閑散期は続くのが通例です。

先に述べたように、閑散期には積極的な営業努力やリピーターを大切にすることが重要です。

閑散期を乗り越え、安定した収入を得るために、しっかりとした戦略を立てましょう。

経済が不調で業界全体が低迷する閑散期でも、風俗に訪れるお客様は存在します。

彼らはおそらく、余裕のあるお金持ちか、風俗を愛好する方々ですよね。つまり、彼らの好みに合ったサービスを提供すれば、リピーターになってくれる可能性が高いのです!

暇な日には気が緩んで、雑な対応をしてしまうこともあるかもしれませんが、フリーのお客様でも、常に丁寧な接客を心がけましょう。


年末に備える人増加:給料日直後を狙うチャンス【11月】


11月も厳しい閑散期が続きます。おそらく、クリスマスや年末年始の出費を考えて、男性の財布のひもは締まることでしょう。

さらに、12月の繁忙期に向けて、多くの風俗店が新人を採用する傾向にあります。新人はフリーのお客様に優先的に案内されることが多いため、ベテラン嬢は閑散期に暇になることがあるでしょう。

次の繁忙期に向けて力を溜める必要がありますが、閑散期にも積極的にシフトを組むべきタイミングがあります。それは、給料日直後、特に25日です!

給料日直後には風俗へ行く男性が急増するため、いつもより多くの客を期待できます。一般的な企業の給料日は「5日・10日・15日・20日・25日・30日」の中で、特に多いのが「25日」です。派遣社員やアルバイトの場合は「15日」、国家公務員の場合は「16日・17日・18日」が給料日となります。この周辺の日に出勤することを検討しましょう。


まとめ


風俗業界の繁忙期と閑散期についてお伝えしました。


繁忙期

大型連休、ボーナス支給時、給料日後など、「経済的に活発な時期」は風俗業界も大忙しです。この期間にリピーターを獲得する努力を怠らないことは、閑散期の収入にもつながります。


閑散期

お仕事が減少する閑散期には焦りがちで、メンタル的にも影響を受けやすいですが、心と体の調整を怠らず、適度なリフレッシュも重要です。


重要なのは、繁忙期にリピーターを増やす努力を怠らないことです。安定した指名客がいれば、閑散期も比較的安心して過ごせます。

月ごとの最適な過ごし方を理解することで、スケジュール管理がしやすくなります。

RECOMMEND
あなたにおすすめの記事

本指名獲得テクニックとSNS運用法

未経験必見!働く上で抑えるべきポイントは?

仕事する上で顔出しって必要ですか?

女性講師について

採用されやすい女の子の特徴とは?