風俗求人しょこららびっと

風俗面接のチェックポイン

  • お仕事解説
  • 風俗の基本知識
  • 風俗豆知識
  • お給料・システム
  • 初心者向け
  • 未経験者向け

2024/03/06

風俗業界での仕事に興味があるけれど、面接でどんなことが聞かれるのか、何をチェックされるのか気になる方も多いでしょう。

未経験者の方には、「経験人数を聞かれるのか?」「急に脱がされたりするのでは?」などの心配もあるかもしれませんが、初めから過度に緊張せずに、どのようなポイントをチェックされるのかを理解することが大切です。

この記事では、風俗業界の面接でよく聞かれる質問や適切な回答について、詳しく解説します。現在のお店から転職を考えている方にも参考になるでしょう。



プロフィールの確認



<最初には年齢やスリーサイズなど、基本的なプロフィールの確認が行われますが、ここで大切なのは、決して嘘をつかないことです。/p>

年齢やスリーサイズなどをごまかすことは絶対に避けましょう。たとえ少しでも嘘をついた場合、信頼性が損なわれ、採用されない可能性が高まります。嘘をつかないことが最優先です。


身だしなみが重要な面接ポイント!



風俗業界の面接において、外見も重要な要素となります。洋服が古びていたり、髪型やメイクが整っていなかったりすると、面接官からだらしない印象を受けるかもしれません。

一般的には、人の第一印象は最初の6秒で形成されると言われています。したがって、面接に臨む際には、最低限の身だしなみを整えることが大切です。


適切な服装を選ぼう!


風俗店の面接に向けて服装を選ぶ際、大前提として女性らしい服装を心がけましょう。男性っぽい服装は避け、ワンピースやスカート、ニットなど、女性らしいアイテムを選びましょう。また、足元にもヒールやパンプスを検討しましょう。

重要なのは、選んだ服装が応募するお店の雰囲気に合っているかどうかです。お店のコンセプトやカラーに合わせた服装を心がけることが、面接の成功につながります。


下着も大切!


風俗店の面接では、時にはボディチェックが行われることがあります。この際、服を脱いで下着姿を面接官に見せ、タトゥーや妊娠線、手術の痕などがないか確認されます。

初めて知らない人の前で下着姿になることに抵抗を感じるかもしれませんが、セクハラや不適切な行為は行われません。この確認は、お客様が特定の条件を求めることがあるため、あなたを従業員としてお店に出すことができるかどうかを確認するためのものです。

したがって、下着の選択も重要です。ヨレヨレのものやボクサーパンツなどではなく、上下揃った可愛らしい下着を選ぶことが大切です。


マナーや話し方に注意



風俗店の面接では、面接官に対してタメ口で話すのは避けるべきです。例えば、「今日から働ける?」や「このお店ってさ~」など、友達同士のような口調で話しかけると、不採用の可能性が高まります。

敬語を使うことは、基本的な礼儀として重要なポイントです。風俗店の面接においても、敬語の使用に注意しましょう。油断せず、きちんとした言葉遣いで面接に臨むことが大切です。


面接中の三大NG品


面接中には態度や行動も注意されます。面接の際にスマートフォンをいじったり、タバコを吸ったり、ガムを噛んだりするのは避けましょう。また、足を組んで偉そうに振る舞うのも好ましくありません。

これは当たり前のことかもしれませんが、意外とこういったNG行動に陥ることがあります。そうした態度や行動は、雇用主から「この人はお客様にも同じような失礼な態度をとるかもしれない」との印象を与え、不採用の可能性が高まることがあります。


会話スキルと愛嬌の重要性


せっかくのチャンスが訪れても、不機嫌そうな印象を与えたり、言葉がボソボソと聞き取りづらかったりすると、雇用主は「この人、本当に業務に適しているのか?」と心配することがあります。

風俗業はお客様との円滑なコミュニケーションが不可欠な接客業です。接客スキルは経験を積むことで向上しますが、最低限の会話スキルと愛嬌は応募時点で求められます。誰かと話す際は、笑顔で明るく、はっきりとした返事を心がけて、明るい印象を持ってもらえるようにしましょう。


風俗面接でよく聞かれる6つの質問



実際の面接ではどんな質問がされるのか気になりますよね。風俗の面接でよく出てくる質問を厳選し、模範解答とともにまとめてみました。面接の際に、自信を持って答えられるように準備しておきましょう!


あなた個人についての質問


現在、お仕事をされてますか?


例1:はい、昼間はOLをしています。


例2:現在はフリーターとして活動中です。こちらでのお仕事を一本化して頑張りたいと思っております!


お店側からすると、出勤の予定やリズムを把握するだけでなく、面接を通じてあなた自身のバックグラウンドや生活スタイルを知りたいと思っています。

学生やフリーターであるか、他のバイトもしているかといった質問は、一般のバイト面接でもよくあることです。気負わずに、率直にお答えいただければと思います!


風俗のお仕事の経験はありますか?もしある場合、どの業態での経験ですか?


例1:はい、以前はデリヘル業界で1年ほど経験があります。


例2:いいえ、風俗のお仕事には未経験です。この求人情報を見て、『自分でもできそう!』と思い、応募しました!


風俗経験の有無によって、お店のアプローチも変わってきます。ですので、この質問はかなり重要です。

もし経験がある場合、講習を受けずにすぐにお仕事を始められるかもしれませんし、未経験の場合は初めてのお仕事にどのように向き合いたいかなど、お店側はあなたのことをよく知りたいと思っています。

もちろん、未経験だからといって差別されたりはしません。率直に自分の状況を伝えることが大切ですので、正直に答えましょう。


性交経験はありますか?初めての経験は何歳のときでしたか?


例:はい、経験があります。初めての経験は18歳のときでした。


「セクハラかも?」と感じることがあるかもしれませんが、お待ちください。実は、この質問はセクハラではありません。 この情報は、お仕事に必要なもので、答えるだけで特別な意図や不適切な行為はありません。

ただし、このようなデリケートなトピックについて口頭で尋ねてくるお店は少ないでしょう。通常、こうした情報は書面に記入して答える形なので、ご安心ください。


仕事に関する質問


このお仕事での収入目標はどのくらいですか?


月に5万円を稼ぐことを目標にしていますが、長期的には100万円を目指して頑張りたいと考えています。


え?いきなりそんなお金の話とかしていいの?」と思われるかもしれませんが、風俗のお仕事では高収入を目指すことが一般的です。お店側もそれを理解しており、女性一人一人の目標や希望収入を把握して、最適なサポートを提供したいと考えています。

ですので、お金に関する質問には率直に答えることが大切です。面接前に自分の目標金額を考えておくと、スムーズに話すことができるでしょう。


できないプレイはありますか?


聖水はちょっと…それ以外は頑張ります。


オプションプレイで何ができるか・できないかを把握しておくのもお店の役割。ここで恥ずかしがって曖昧に答えてしまうと後で困るのは自分です。事前にどんなオプションプレイがあるか調べて、何がOKか・NGかを自分の中で確認しておきましょう。

また、デリヘルの場合は面接の段階でNGエリアを聞かれる可能性もあります。知り合いが多そうなエリアはあらかじめ派遣NGにしておくと安心ですよ。

面接の際は風俗業界の専門用語が出てくることもあります。いちいち聞き返さなくてすむよう、基本的な単語はあらかじめ調べておくといいですね。


面接必聴: 4つの質問



面接ではこちらから質問することも大事です。後から揉めたりしないよう、気になる点はここでしっかり聞いておきましょう!「聞くべきことがわからない!」という人のために重要な質問をまとめておいたので、ぜひ参考にしてみてください。


2ヶ月で100万円稼ぎたいんですが、正直なところその目標は達成できるでしょうか?


風俗の仕事は、お金を稼ぐために選ぶ人が多い職種の一つです。

「この質問は少し難しいかも…」と感じるかもしれませんが、面接段階で自分の目標金額を達成できるかどうかを確認することは非常に重要です。入店後に「思ったより稼げない…」と後悔するのは避けたいですよね。自分の目標金額を目指すために、面接でしっかり情報を聞いておきましょう。


このお店では、どのようなお客様が多く訪れる傾向がありますか?また、どのような接客スタイルが一般的に人気ですか?


お店のお客様層や特徴を把握することは非常に重要です。それによって、どのようなサービスが求められるかや、自分のキャラクターをどう活かせるかを理解できます。

例えば、あなたが穏やかな雰囲気の控えめな性格だとしましょう。しかし、受けたお店が「若いお客様が多く、元気で会話が盛り上がる女性が好まれるお店」である場合、無理に自分を変えることは難しいです。このような場合、自分に合ったお店を選び、「年齢層が高く、おとなしい女性が評価されるお店」を選ぶ方が適しているかもしれません。事前に情報を収集することで、後悔を避けつつ、自信を持ってお仕事をすることができます。


基本プレイとオプションプレイの内容について教えていただけますか?


基本プレイとオプションプレイについての具体的な内容は、各お店によって異なります。インターネットで調べた情報だけでは不十分なことがあるため、安心感を持つためにも、直接お店の担当者に確認することが大切です。

特に、基本プレイの内容には注意が必要です。基本プレイはすべてのお客様に提供しなければならないもので、拒否できません。自分が嫌なプレイが含まれていないかを確認することは非常に重要です。


コースごとの報酬金額、指名に対する報酬、およびオプションに対する報酬は、それぞれいくらですか?


お給料について詳細に質問することは、何も心配しないで大丈夫です。お金を稼ぐために働くのですから、疑問や不安をすべて解消するために尋ねるべきです。

バック金額はお店ごとに異なるため、納得できるまで確認することが重要です。経験者であっても、「前のお店と似ているだろう」と適当に済ませないように注意しましょう。後で後悔することになるかもしれません。

質問の回答をメモすることも役立ちます。スマートフォンでメモを取ることは好印象ではないため、メモ帳と筆記用具を用意し、面倒でも紙に書き留めることをおすすめします。

さらに、質問に対して明確な回答を避けるお店には注意が必要です。曖昧な返事をする場合、後で不都合なことが明るみに出る可能性があるかもしれません。比較検討のためにも慎重にお店を選びましょう。


面接成功の秘訣: 常識的な行動


「風俗業界だから、面接は緩いだろう」と考える人が実際には多いですが、ここまで読んでいただいた方は、実際にはそうではないことを理解しているかと思います。

面接では第一印象が非常に重要です。常識的な行動を心がけつつ、お店のコンセプトや雰囲気に合った態度を持つことが大切です。そうすれば、きっと合格のチャンスが広がることでしょう。頑張ってください!

RECOMMEND
あなたにおすすめの記事

風俗の鉄則!ワンパターンプレイはNG!飽きさせずに楽しませる方法

充実の待遇

理想のお店を選ぶためのポイント

《風俗求人情報》高待遇!当日全額支給&時給保証ありのチャンス!

面接からお仕事までの流れ